俳優や女優、芸人やモデルになるためには、基礎を学ぶ必要があります。養成所ではタレントのための基礎的なレッスンを受けることができます。養成所にはカリキュラムがあって、発声練習やウォーキング、ダンスや演技のレッスンなどが受けられます。

まず、発声練習では、舞台やドラマで演技する時の声の出し方の基礎が学べます。声をからしてしまったり、声が観客まで届かないくらい小さい、といったことがないように、まずは声帯を守り、相手に声を届けることができる声の出し方の基礎訓練が行われます。また、歩き方も大切です。軸を保ったまま上手に歩くという、歩き方のレッスンを受けます。鏡を見ながら講師の先生から教えてもらうきれいに見える歩き方を学んだりします。

そして、自分の身体が上手く動かせないと表現が十分に届かないということもありますので、ダンスで身体の動きの基礎を学びます。また、舞台に立つとダンスを踊るシーンもありますので、ダンスの基礎は重要なレッスンの一つです。そして、演技の基礎も学べます。デビューして役者として演技するための基礎を学びます。タレント養成所に入ると、このような内容のレッスンをその分野で活躍している講師から学ぶことができるようになります。